検証でやけどをしたシーンなどに対して勉強した

実験の応急処置の態度に対して学校しました。本当に、やけどをした場合においてだ。表皮が赤くなっただけの状況(第1度)は、やけどの周辺を流水にぐっすりひたします(5分け前以外)。水ぶくれができた状況(第2度)は、水ぶくれを破らないことです。滅菌・殺菌薬をぬり、小気味よく包帯をします。表皮が黒く焼けた状況(第3度)は、乾いたガーゼでおおった後者、取り急ぎ医者の援助を受けます。患部に付着しているものは無理にとらず、ほかの周辺を切り落とします。次は、有毒気体・水蒸気を吸ったことだ。すべての処置に優先して、取り急ぎ医者を呼びます。新鮮な風向き中に連れ出します。多量に吸ったときは、あったかく安静にして医者の処置を待ちます。しばらくして様子が変わることもあるので、安寧第最初だ。実験の応急処置について学校しましたが、応急処置のことは知っていたこともありましたが、知らなかったこともあったので、はなはだ勉強になりました。http://www.clevelandhistorical.co/